イメージ画像

お金がない時に安心できるのはすぐにできる解決策を持つ

【15通りの解決策】



日々一生懸命に生活していても、何かとやってくるのが「お金がない」ケースです。

欲しいものが買えないといった状況はもとより、生活費を払えない、借金が返済できないともなると、とても支援がないと困らされてしまいます。

ですが、当サイトでご紹介する15の方法を駆使すれば、大いに解決策が期待できます。

理由は何であれ、お金がない状態から安心するためには?

あなたの状況に合った方法で、お金をゲットしてみてはいかがでしょう。

お金に困っているときの工面方法としては、このようにさまざまな支援や手法が活かせます。

ですが、いくらお金がないとはいえ中には確実性、知らなかったものも安全性に欠けるものも多いのが、実際のところです。

解決策はリスクや特徴を踏まえ、メリットの高い方法をえ選んで支援を役立てるようにしましょう。

母子及び父子福祉資金

これは、全国母子寡婦福祉団体協議会が運営する経済的支援策の一つです。

ひとり家庭の父母もしくは子が申請することにより、就業や就学の資金サポートを受けられる制度となっています。

公式媒体では「母子父子寡婦福祉資金貸付金」という名称で紹介されています。

この制度の大きなメリットは、一般的なローンやキャッシングと異なり、無利子で支援を受けられるという点ですのでお金がない際に知っておくと便利です。

お金がない時に母子および父子福祉資金を受給するためには?

借金などをする際、とにかくネックとなる金利が発生しないため、気兼ねなく利用できます。

また親への貸付については、1.5%の有利子貸付なら連帯保証人も不要とできます。

そしてさらに、貸付してくれる組織は都道府県や指定都市または中核市といった行政であるため、安心感も高いです。

システムとしては、事業開始資金・就学資金・就業資金・医療介護資金・住宅資金・就学支度資金・特例児童扶養資金・事業継続資金・技能習得資金・就職支度資金・生活資金・転宅資金・結婚資金それぞれがあり、種類に応じて3年から20年の償還期限において支援してもらえる形です。

地区や自治体によって多少仕様が異なる場合もあるため、お金がない解決策として検討時には都度これらへ確認しておくとより確実です。

アリバイ会社でお金を借りる

アリバイ会社とは、架空の勤務先として在籍情報を作ってくれる会社ですが、支援やお金がない時にも使えるのでしょうか?。

厳密にはこのアリバイ会社でお金を借りるのでなく、キャッシングやローン、その他審査の際に在籍先として役立てて、お金を借りるといった仕組みです。

審査が厳しいことで知られる大手キャッシングやローン会社ですが、在籍確認はあくまで電話による方法しかとらないため、架空会社であっても通りやすいのです。

電話対応のほか、源泉徴収表や給料明細票まで作成してくれる徹底した会社もあるようです。

アリバイ会社のお金がない際の利用の仕方とは

ですがこの方法に関しては、伴うリスクも大きいです。

嘘の申告でお金をだまし取るといっても過言でない方法なので、万が一バレた場合、問題は大きくなるかもしれません。

他の方法がうまくいかずどうしても借りられないといった場合の、お金がない時に解決策に考えておいてください。

携帯決済現金化はカードなしで出来る

これは、携帯・スマホのキャリア決済を利用して現金を作る方法です。

今や多くの人が携帯端末を持ち歩く時代であるだけに、お金がないケースに有効な手段といえるかもしれません。

小見出しの通り、カードも必要ありません。

主な換金方法は3種類で、携帯決済現金化に特化したサイトを利用する方法、キャリア決済対応のネットオークション等で商品券等を購入し転売する、お小遣いアプリの有料アプリでポイント換金するといったものです。

中でも近年注目を集めているのは、現金化向けサイトを利用した方法です。

インターネット上に存在する、「PINCOM」というサイトを利用すれば、手軽にAmazonギフトカードを購入できます。

お金がない時に携帯決済現金化でクレジットカードなしでも可能?

利用できるキャリア決済はドコモケータイ払いに限られますが、スムーズかつ換金率も高い方法として、広く重宝されています。

換金率は買取サイトによって異なりますが、選び方次第では90%以上の率で換金できる場合すら解決策としてはあるほどです。

またさらに、「PINCOM」で購入できるギフトカードはEメールタイプとなっています。

これは購入手続きをすれば即登録したアドレスに専用コードを送ってもらえるタイプであるため、とにかく知らなかったら損と感じる程スムーズです。

ネット環境さえあれば全国どこでも購入できる点も、ポイントです。

さらに換金先もネット上のサイトを利用するため、支援がなくお金がない際はすべての作業を基本家に居ながらおこなえる形となります。

便利な方法なので、ぜひチェックしておいてください。

大黒屋でお金借りる

大黒屋とは、北は北海道南は沖縄まで、計約200店舗を展開するブランド品買取会社です。

基本は買い取ってもらうためのブランド品やジュエリー、電化製品等が欠かせませんが、お金がないケースである方法を利用することにより借金もできます。

それは、質屋システムを活用する方法です。

質屋とは、同じくブランド品や電化製品等を"質草"として預けることで、それを担保にお金を借りられる知らなかった方も多いシステムです。

大黒屋でお金がない場合にブランド品の買取をしてもらう

歴史は古く、長きに渡り根付いている文化です。

通常の買取であれば、お金を受け取ると品物は返ってきませんが、こちらであれば完済することで取り戻せます。

もちろん手数料は発生しますが、大事な品物を手放すことなくまとまった額が手にできるので、とても助かります。

大黒屋の質を利用するメリットとしては、他社比較可・来店10分、書類1枚での借り入れ可・質預かり期間は基本3ヶ月で延長可といった面が活かせる点です。

そして大黒屋に限ったことではありませんが、質預かりには催促・取立てが一切ありません。

支援とは異なりますが、この点もまた、お金がない時も一般的な借金に比べ大きな安心を感じられる点といえる解決策でしょう。

生命保険でお金を借りる

生命保険といえば、お金がない場面やもしものときのために保険料を支払い、怪我や入院、死亡の際契約に応じた額を支払ってもらえるサービスです。

一見お金を工面する方法とは無縁に感じられますが、実は一時的な借金も可能なんです。

生命保険会社が提供している、契約者貸付制度を利用する方法です。

あまり知られていないお金がない時の生命保険の利用方法

契約者貸付制度とは、主に解約返戻金を担保に、同金額の70%~90%が借りられる仕組みとなっており、契約者本人が書類提出をすることで実現できます。

また保険会社によっては、専用カードによってATM等から借りられる場合もあります。

もちろん借金をする形であるため金利も伴いますが、通常は生命保険会社それぞれが設定している予定利率に1~2%上乗せした程度なので、支援ではなくても負担はそこまで大きくありません。

もし生命保険に加入しており条件を満たしているなら、お金がない際に便利な解決策となることでしょう。

無料低額診療ならお金がなくても病院に行ける

無料低額診療は、全日本医連が提供する事業で、全国各実施医療機関を受診する際にお金がないときでも利用できる無料、もしくは低額で病院にかかれる支援の制度です。

条件は、主に低所得者・要保護者・ホームレス・DV被害者・人身取引被害者といった、生計困難者であることであると厚生労働省により説明されています。

お金がないからと言って病院まで我慢する必要はない?

種類は2種類あり、社会福祉法人・日本赤十字社・済生会、また旧民法34条に定める公益法人が法人税法に基づき実施するもの、そして社会福祉法人に基づき第二種社会福祉事業として実施されるもののそれぞれとなっています。

基準に関しては「都道府県の状況を勘案して判断する」とされているため、地域や実施医療機関に応じて異なります。

そのため検討の際は、あらかじめ医療機関へ確認をとっておくようにしましょう。

お金を直接工面する方法とは異なりますが、怪我や体の不調は、お金がない状況は誰にでも起こり得るものです。

いざというときの安心に繋がるので、解決策は知っておいて損はありません。

アフィリエイトのセルフバックで数十万円稼ぐ

支援ではありませんがアフィリエイトについては、聞いたことある人もお金がない時だけでなく少なくないのではないでしょうか。

サイトやブログに広告を掲載し、その広告へのアクセス数や実際の売り上げに応じて報酬が得られるシステムです。

軌道に乗れば、手軽なサイト更新程度で不労収入を得られるため、多くの人が利用しています。

ですが、セルフバックに関しては、比較的新しいシステムであるため、まだあまり浸透していないかもしれません。

通常のアフィリエイト以上に確実性のある収入が狙えるため、お金を工面したい人必見ともいえる存在です。

アフィリエイトはお金がない時に簡単にできる稼ぐ方法

アフィリエイトの場合、通常あなたが運営するサイトやブログへアクセスしてきた第三者により発生する報酬です。

ですがセルフバックでは、あなた自身がアフィリエイト広告内容を利用して稼ぐ形となります。

これまで一般的であった考え方からすれば、少しイレギュラーな活用法かもしれませんが、近年はアフィリエイト運営サイト自ら推奨しているほどで、正規の役立て方となっています。

利用方法は、従来同様アフィリエイト運営サイトに登録して、セルフバック利用の画面で手続きしたり、自ら購入・利用申し込みをおこなう形です。

営業電話やダイレクトメールなどが増えそうな印象も感じられますが、お金がない状況では実際そこまで困らされるケースは少ないです。

通常のアフィリエイトであれば、自身で運営するサイトやブログに一定のアクセス数が見込めなければ稼ぐことは難しいです。

サイトなどを持つこと自体、今や誰でも簡単にできてしまう時代ですが、こと注目集める状態に仕上げるともなると、知らなかったとなると容易ではありません。

そのため、アフィリエイトに挑戦してみたものの、いざ続けてみると全然うまくいかないという展開も多々あります。

ですがセルフバックなら、まったくアクセスアップ等の知識がなくても高い確実性を持って稼げます。

それこそ、お金がないケースでインターネット環境さえあれば1日に十万円稼げるケースもあるほどなので、一時的な解決策にぴったりです。

金貨金融という業者はどんな仕組み

日本で金貨と聞くと、ちょっと馴染みが感じられないお金がない人も多いことでしょう。

ですがこれは単なる呼称などではなく、れっきとした金貨を使った金融システムです。

まず、金貨金融業者から高額な金貨を購入します。

そしてその金貨を、自ら金貨ショップへ持って行き換金してもらいます。

これにより、あなたは一時的な資金が支援によって工面できるという訳です。

お金がない方でも注意!金貨金融の実情とは?

ただもちろん、金融業者も商売でやっている訳ですから、手数料のようなものも発生します。

そしてそれは、決して安いものでもありません。

年利は法定利息の約80倍にも及ぶため、実際のところ、一種のヤミ金として扱われています。

にもかかわらずお客が存在するのは、それ相応のメリットがあるためです。

金貨金融のメリットは、自己破産後、信用情報ブラックでも利用可といった、かゆいところに手が届く利点が伴うことです。

ですが残念ながら、法から外れたシステムであるため、お金がない時だけでなく知らなかった犯罪の一つとしても数えられています。

基本的には解決策ですが利用を避けるべきです。

mnp キャッシュバックで最大5万円の仕組み

mnpとは、お金がない時だけでなく今やお馴染みともなりつつある、番号そのままでできる携帯キャリアの乗り換えシステムです。

そのままのキャリアで機種変更すれば、機種代金、月額料金などあらゆる面で損をします。

支援ではないですがmnpを使えば、これらそれぞれの損が和らげられ、さらにはキャッシュバックも受けられるため、結果的に大きなお得感が知らなかった場合は期待できます。

最大5万円という額を受け取るには、乗り換えに利用する店舗にこだわることが欠かせません。

mnpキャッシュバックはお金がない人の救世主になる?

なぜなら同じmnpでも、店舗ごとに内容が異なるためです。

特に高額キャッシュバックが期待できる店舗には、実店舗を持たないウェブ店舗が挙げられます。

店舗運営費が抑えられる分、利用者へのサービスに力を注いでいるためです。

お金がない際は、携帯機種にもよりますが、最大額5万円にも近い大きなバックも解決策としては期待できます。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングは、別名ソーシャルファンディングとも呼ばれるシステムで、いわばネット上でできるお金がない時の資金調達です。

通常、投資をしてもらうには会社を保有していたり特別な能力がなければなりませんが、これなら個人でも挑戦できます。

10万円単位の小口投資から、5,000万円にも及ぶ大型投資にまで期待できる、夢の膨らむシステムです。

急を要する工面にはあまり適さないかもしれませんが、お金がない際は長期的な視野で考える際は役立ちます。

方法としては、まずウェブ上からクラウドファンディングの専用サイトを探します。

お金がない方へクラウドファンディングの支援とは

そして登録ののち、規約や仕様に基づき、投資を受けられるような企画を提案します。

あとはそれに賛同してくれる投資者を待つことで、目標額へ近づくことができます。

もちろん、本当に実行可能な企画であり、そしてお金がない場面で将来性を感じてもらえるような内容でなくては大口投資は受けられませんが、自信があるのなら挑戦して損はないでしょう。

特に注目を集めやすい企画はチャリティー系となっており、多くの支援者が集まりやすいです。

ウェブを通して出会えるため、幅広い人に企画を認知してもらえます。

また多くの人に支えてもらえるため、お金がない時にプロジェクトのやりがいもまたさらなる知らなかった解決策となることでしょう。


【このサイト内の記事】